朝活『自己発見講座』

『 自己発見講座  ~好きには何かある~ 』

8月20日(金)に自己発見講座が開催されました。

その名の通り✨自分自身の気づかないところを発見する「自己理解」を深める講座✨です。

講師はNPO法人ここスタの佐藤優子先生この日は5名の参加でした。

~好きには何かある~ をテーマに、好きな映画、ドラマ、アニメを先ず選びます。

ワークシートを使って個々に付箋に書き出します。

《前半》

  • あなたの好きな映画のタイトル
  • どんなストーリー
  • 好きな登場人物は誰ですか

付箋に書き出した後、隣の人とペアワーク

中々上手く説明できないと言いつつも、とても盛り上がっていました。

《後半》 再度、個々に付箋に書き出し

  • ③で選んだ人のどんなところが好きですか
  • その人物にどんな声をかけたいですか
  • 「好き」には何かある…

再びペアでお互いの書き出したことについて伝い合いました。

「私もその映画わかります!」😊「えー、そうなん」😄と驚きあり、笑顔あり、笑いありで大いに盛り上がっていました。

何故、その人が好きなのか?について掘り下げ⑥を考えました。

・自分と似ている所

・共感できる所

・私の中にもこんな部分があるから

・自分にはないが憧れる

・私もこんなふうになりたい

ペアワークの後、全体で⑥の発表と全体を通しての感想をシェアしました。

「ルフィーが仲間思いなこと、大切な人を思う気持ちの部分が自分にもあるなと思いました」

「さっぱりした性格、アホなりに考えている、一所懸命取り組むところは見ていて気持ちいい、私も一緒だと思う」

「周りの目を気にせず自分の信じることをやれているところは、自分にはない積極性、自分もそうありたいと思う憧れに気づいた」

等の何故好きなのか掘り下げることで、自分と向き合え自己発見に繋がったようです。

講座後、参加者は「自分のことを理解してくれる人がいるんだな」「共感してもらって安心でき、楽しい時間だった」と笑顔で話してくれました。

自己発見講座は✨自己肯定感が高まる✨人気の講座です。

ジョブトレーニング(職場体験) ~(株)サクマ~

4月7日(水)村上市山居町にある(株)サクマ山居町SS http://www.iwafune.ne.jp/~sakuma/ へジョブトレーニングに

行ってきました。

当日は2名の参加者が有りました。

(株)サクマの岸店長と本間様から、ガソリンスタンドを見学しながら、業務の説明をして頂きました。

(株)サクマ山居町SSは平成元年7月オープンで、今年32歳(32年)です。

3月の中旬から4月の前半はタイヤの脱着が忙しいとの事です。
山居町SSは、(株)サクマ岩船SSと比べると給油が忙しく、夕方はバタバタしているそうです。

「ノルマとかありますか?」とお聞きすると、
『ひとりいくら売らなくてはいけない。といったようなものはなく、スタンド全体での売り上げを上げるようにしている。本当に必要なサービスが疎かになり、お客様に迷惑がかかるから。』
と話してくださいました。

他にも、社長が開店時間の6時よりも前に店にきて、明け方に仕事を終えてくる近隣の従業員のために早く出社していることをお聞きし、お客様の事を思うからこその社長の姿、それを見ている従業員の方々の接客態度など感心することが多いジョブトレになりました。

また、参加者からの質問では、

・ストーブの修理をするのですか?
(岸店長)ストーブ修理、ストーブ清掃は大変喜ばれている。個人のお客様はもちろん、学校、保育園、会社のストーブも修理します。

・笹川流れの塩や米を売っていますが、売れるんですか?
(岸店長)秋の新米の時期は売れた。塩は意外と売れる。観光客の人が買っていく。

などの質問がありました。

忙しい中、山居町SSの皆様、ご対応頂きまして本当にありがとうございました。

令和3年度の朝活事業が始まりました【 朝活 コミュニケーション講座 】

令和3年度の朝活事業が始まりました。

コミュニケーション講座は、毎月第3月曜日と第4火曜日に行っております。(祝日で変更もあります)

今回は、第3月曜日に行っている講座のご案内です。

人と人との「コミュニケーション」だけでなく、自分とのコミュニケーションも大切にしています。

“体を動かす”ことを基本としながら、自分や人とのコミュニケーションが楽しめるよう工夫しております!

自分を知る、相手を知る。自分や相手とのやり取りを楽しむ。聞きたくなる、話したくなる、笑っちゃう…。

はじめは、足つぼマッサージから。足を知る、つぼを知る、血流を知る、マッサージしてみる、体が温まるのを感じる…。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: asimomi.jpg

号令をかけて相手を動かす、ボールを送って気持ちも渡す鳥取県発祥のバウンスボール、そしてソフトバレーボール

ゆっくり、気持ちを感じながら、おしゃべりしながら、しだいに体が動いていく。 はじめは、久しぶりの運動で、ほんの少し動いた。だんだん体を動かすのが楽しくなって、運動量が増えていく…。

いつの間にか、利用者さん同士での会話も見られるようになりました。

今年度、コミュニケーション講座を担当してくださるのは、水野谷塾 水野谷理恵先生です。

次回は 5月17日(月)です。

なお、第4火曜日のコミュニケーション講座を担当してくださるのは、ウエルネスむらかみスタッフの皆様です。

次回は 4月27日(火)です。

皆さまからのお問い合わせを、お待ちしています☆

職場見学(株)高建 行ってきました。

12月9日(水)村上市里本庄にある(株)高建 https://www.kk-takaken.co.jp/ へ職場見学に行ってきました。

当日は2名の参加者が有りました。

(株)高建の渡邉様から、事業内容や、グループ会社(村上生コン(株)、北陸運送(株)、(株)都市環境緑化、(株)内山組)の説明などありました。

(株)高建は、昭和36年創業で、2021年に創業60年になる老舗企業です。

そして、高建グループは、不動産事業も行っており、原信村上インター店の敷地(土地)の大半(一部の土地は高建以外の方が所有者)とひらせい村上店の敷地を所有しているそうです。

他にも、村上市学校町のヤマザキデイリーストア(コンビニエンスストア)も経営している事から、

『コンビニで売っているパン一個から、土木、建設における建物や公共施設、道路工事・管理までありとあらゆる仕事をしているのが高建グループである。』と紹介してくださいました。

渡邉様は、なかなか求人を出しても人気の職種ではないせいか、人が集まらないのが現状である。但し、求人を出すと人気があるのは都市環境緑化で、環境と言う名前が付くとイメージが良いようだとの事でした。

高建グループが求める人材は、

・好奇心を持ち仕事に取り組める人

・様々な仕事に携わりたい人

・村上の発展に貢献したい人

他にも、

『明るい』『根気強い』『前向き』『まじめ』『優しい』『地域に貢献したい』『人の役に立ちたい』…どれか一つでも当てはまる方なら、大歓迎だと話してくださいました。

【参加者からの感想】

・(渡邉様が)雑談と言っていましたが、色々話を聞いて、とても興味のある話が多くて、楽しく聞く事が出来ました。

・自分は配達をしていたのですが、今、自分に出来るとしたらドライバーかな。と思います。

と言う感想がありました。

高建グループの仕事について、コロナウイルスの影響は少なからずあるとは思いますが、影響が出ているところをグループ会社内でカバーしながら、全体で乗り越えている印象を受けました。

忙しい中、高建の渡邉様、スタッフの皆様、職場見学をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

第2回職業人講話

新年あけましておめでとうございます。

新しい年のスタートですね!皆さん今年はどんな年にしたいですか?

新年は新しいことを始めたり宣言するに切りがいいのでぜひ考えてみてくださいね☆

さて、サポステは4日から始動し利用者が早速朝活に参加するなど活動を再開しています!

新たな年の幕開けに良いスタートを切れるように、12月に様々な講座で下準備をしてきたサポステ利用者。今日はそのうちの一つ、職業人講話について紹介したいと思います。

今回講師として来ていただいたのは、㈱新潟日報サポートで主任をしていらっしゃる小澤卓輝(おざわ たかき)さんです。

サポステのみんなに会うことを楽しみにしてくれていた小澤さん。他の講座を見学したりスタッフとも打ち合わせをするなどしてばっちり準備をして当日の講話に臨んでくださいました。サポステのみんなのことをもっと知りたい気持ちが垣間見えてスタッフもうれしく思いました^^

そして当日は、子供時代から学生時代の話、アルバイトの話、これまでの仕事の話から現在のお仕事のお話まで、時間が足りないくらいたっぷりいろんなお話をしてくださいました。

将来は誰かに何かを伝えることができる人になりたいという小澤さん、登場の仕方も手が込んでいます 笑

宇宙兄弟のテーマソングのBGMに乗ってとある方のポーズで登場!一度やってみたかったという事で本人大満足!参加者は… どうだったのでしょう???今までにないパターンでの講話のスタートです。

緊張しているという事でまずは昔話から…

とある青年のアルバイトのお話です。ホテルの皿洗いバイトを始めた青年、その後コックのアシスタント、ホテルマンと様々なポジションを経ていきます。世間からは馬鹿にされるようなどんなささいな仕事でも目標と志を持って向き合っていました。ゆえに、彼の仕事に取り組む姿は一目置かれることとなります。

お話は小澤さんの演技とともに進みます。まるで一人お芝居。みんな食い入るように見ています。耳をそばだてて聞いています。

お仕事の話です。アルバイトの話です。興味津々です。シンプルなお話でしたが、アルバイトを経た彼に巡ってきたのは大企業の投資家から言われた一言でした。

「君に50億出資する。だから君が新たなホテルのオーナーになりなさい。」この青年、名前をヒルトンと言います。

皆さんこのお話をご存じですか? 今では超一流で有名なヒルトンホテルのオーナーの実話のストーリーです。恥ずかしながらスタッフは初めて聞くお話でした。これぞアメリカンドリームですね。

心も体も温まったところで小澤さん自身のお話に突入です。

学生時代は同年代の人が子供に感じたという小澤さん。一時期不登校にもなったそうですが当時流行していたチャットで社会とつながることで色んな人がいて色んな世界があることを知り、フラストレーションが解消されたそうです。

進学した定時制の高校はやっぱり色んな人がいて年齢もバラバラ。60代のおばあちゃんの隣で授業を受けたりしたそうです。

アルバイトもたくさんします。初めて面接を受けたファミレスでは面接官に履歴書の書き方を丁寧に教わったとか(笑)

その甲斐もあり次の応募先では見事合格します。

接客、厨房、コンビニ、夜間工場での流れ作業の数々、ゲーセン、宅急便屋さんetc

このお話がとにかく楽しい♪色んな引き出しを持っている小澤さんの話に引き込まれて何かのショーを見ているようです👀

いろんな刺激をたくさん受けて育った小澤さんは更にもっと広い世界を知りたい!といざ、東京へ!

当時好きだったファッションを学ぶべくファッションデザインの専門学校へ進学します。

そこで、

初の挫折  大失敗だった…

何が失敗って?

まずは志が違う。本当に勉強した人がわんさかいる。

かなうわけなく打ちのめされた・・・

ファッションがだめなら音楽でがんばろー。

と、高1からバンドをやっていたこともあり音楽の道へ。

またダメだった…

何故か?

まずは志が違う。本気の奴がわんさかいる。

また打ちのめされた・・・

その後地元新潟に帰郷した小澤さん。

色々なアルバイト、パチンコ店の社員やパソコン教室の先生などを経て現在は新聞屋さんにお勤め中。

新聞屋さんのお仕事について資料のタイムスケジュールをもとにお話ししてくださいました。

お仕事は配達のほかにも色んな仕事がたくさんたくさんありました。

みんなが気になったのは、あいさつ訪問、まごころサポートというお仕事。

仕事の理解が深まります。

余暇の過ごし方も紹介してくださいました。趣味はアニメ、ゲーム、ドラムとのこと。

特にアニメ、ゲームは毎日の日課のようです^^

講話後は雑談のように質疑応答。

みんなの聞いてみたいことが次々出てきてその質問にも丁寧に答えてくださいました。

感想にはたくさんのコメントが。一部抜粋してご紹介。

「ハードなタイムスケジュールの中、仕事を楽しんでいるのが伝わってきてうらやましくもあり、参考にしたいと思いました。楽しく工夫してお話して下さったので非常に楽しく、聞きやすい講話でした。最近自分が何のために生きているのか分からなくなることもあったのですが、小澤さんの姿を見て楽しく生きることなのかなあと思いました。今日をきっかけに自分も自分の人生を明るく楽しく生きれるように頑張りたい」

「一日のタイムスケジュールがとてもハードだなあと思ったが小澤さんがとても楽しそうに話している姿が印象的でした。すごく人生が楽しい、仕事が楽しいと伝わってきました。これからの人生とても刺激になったお話でした。今後落ち込んだ時には今日のことを思い出して頑張っていこうと思います。」

「何よりも小澤さん自身が楽しみながらお仕事や生活をしていることがとてもよく伝わってきました。様々な職業の経験をかいつまんでユニークにお話頂きとてもいい時間を過ごせました。」

「小澤さんのライフスタイルがとても素晴らしく思い、それの何かを自分にも取り入れられないか、今後考えてみたいです。講話中、ポジティブな空気感がずっと続いて笑いもあり、時に大変な話もありましたがすごく充実した時間でした。」

「最初の昔話で誰にでもできることから始まって、それからいろんなことに挑戦して社長までたどり着いたのが印象に残りました。新聞屋さんは朝と午後に仕事をするのが大変だと思ったけど楽しみを見つけてそれが頑張りにつながっていることが分かりました。」 などなど。

みなさんプラスのエネルギーをたくさん受け取ったようです。楽しい、充実という言葉が多く聞こえてきていました。言葉以外に小澤さんのパフォーマンス、話し方から受け取ったものも多いようです。まさにメラビアンの法則ですね!

(メラビアンの法則についてはぜひ検索してみてくださいね☆)

小澤さん、お忙しい中、貴重なお話を全力でしていただき、本当にありがとうございました!

職場見学(株)ムラネンへ 行ってきました。

11月25日(水)村上市緑町にある(株)ムラネンhttp://www.marushin-group.co.jp/group_company/muranen.html/ へ職場見学に行ってきました。

当日は2名の参加者が有りました。

ムラネンの横井様から、会社の歴史や取扱商品、事業内容の説明がありました。

ムラネンは、昭和32年創業で、村上市に2店舗、新潟市北区に1店舗の計3店舗経営しています。

石油製品(ガソリン、軽油、灯油、オイルなど)の他、ガス機器と石油機器の販売、ガン保険の代理店でもあります。他にもガスや水道の配管設備工事も行っており、今は少なくなったそうですがA重油の販売、配達も行っています。

LPガスの販売については、 スタンドの後ろの方へ行くと大きなガスタンクがあり、村上市内では3社しかないオートガスのスタンドが有り、タクシーや自動車学校の車がガスの給油に来店されるそうです。

横井様いわく、この仕事は接客サービス業に興味がある方や車が好きな方に向いているかもしれないけれども、今の若い方は車に興味がある方が少なくなってきており、人材の確保に苦労していると話されていました。

【参加者からの感想】

・普段見かけるガソリンスタンドに様々なサービスを知ることができ、勉強になりました。
・知らない話をたくさん聞けて、大変勉強になりました。

と言う感想がありました。

ガソリンスタンドの仕事は、外仕事でとても大変だとは思いますが、このようなコロナ禍になった今、そして村上市内在住の方は、車で移動する方も多数いますので、今後も重要なお仕事だと感じました。

ムラネンの横井様、スタッフの皆様、職場見学をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

職場見学(株)コウデンへ 行ってきました。

11月18日(水)村上市下助渕(しもすけぶち)にある

(株)コウデン https://koden-murakami.co.jp/ へ職場見学に行ってきました。

当日は4名の参加者が有りました。

最初に、コウデンの秋山様から、仕事の説明がありました。架空配電工事、ケーブル工事、建柱工事など、安定して仕事があるそうです。

また、電気工事士の資格は、入社してから学んだ方が多く、経験を積んで電気工事士2種、その上の電気工事士1種を取得しているそうです。また、全社員が月初めに現場に行かない日を設けて、教育研修を行っているそうです。

警備業のテクノスも経営しており、入社してから20時間の研修を行った後に、現場に出るそうです。もちろん初めはベテランの方と業務にあたるそうです。

その後、実際の工事現場を見学しました。

この日の工事は、柏尾集落内にて、電柱及び変圧器の入替作業を行っていました。

途中、作業している社員の方に話を聞く事が出来ました。

高校卒業から8年勤めている。仕事に関してはこの会社しか分からないけど、やりがいもあるし、何より先輩が良い人ばかりだから続けられるし、楽しい。

また、秋山様からは、外仕事は大変な事も有るが、中でやる仕事より自分には外仕事が合っていた。

と話してくださいました。

【参加者からの感想】

・実際の現場を見られてよかった。

・インフラ系の仕事は普段目にするだけで、具体的に知る機会がなかったので、いい経験になった。

・職員の方に説明して頂く事で、一層興味を深める事が出来ました。

などの感想がありました。

最近、日本では災害が多いですが、災害が起きた時には電気の復旧のために現場に一刻も早く駆け付けるなど、現代の生活には欠かせない仕事だと認識しました。

コウデンの秋山様、現場のスタッフの皆様、職場見学をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

職場見学(株)マツウラセイキへ 行ってきました。

11月11日(水)村上市坂町にある

(株)マツウラセイキ http://k-msk.jp/ へ職場見学に行ってきました。

当日は6名の参加者が有りました。

最初に、マツウラセイキの荒井社長から、参加者に向けてメッセージが有りました。(荒井社長が)大学生の時の就活状況は、就職氷河期の真っ只中で、大学に2000人もいるのに、一枚の求人しかないような厳しい時代だった。ただ、厳しいながらも本当に周りの人に助けてもらった。今日の見学を有意義な時間にしてほしい。今後の就職の参考になれば嬉しいと話してくださいました。

工場内は、齋藤工場長が案内してくださり、西工場、東工場、北工場と全ての工場を見せて頂きました。

マツウラセイキは、昭和49年に現在の村上市荒川地区で稼働し始め、さかのぼると大正時代の創業との事です。【ネジや】と【バネや】がくっついて、マツウラセイキになった経緯があり、ネジ、バネはもちろん、それらを使った加工や組み立てが出来る事が強みである。と話してくださいました。

【参加者からの質問】

・この仕事をしていて得られるやりがいは? 

→難しい仕事を完成させた時に喜びがある。お客様の要望に応えると感謝される。そういったときにやりがいを感じる。

・適正に合わせた配置をしていますか? 

→多能工になってもらえると、一つの仕事ではなくいろんな仕事、AばかりではなくBも出来るようになるとよい。最初から何でもできる人はいない。地道に訓練して毎日コツコツやるしかない。

と、話してくださいました。

【参加者の感想】

・複雑な事がたくさんありましたが、とても関心を持つことができました。

・製造業の面白さを知ることができました。

・細かい作業や金属を扱う難しいところもありましたが、一人一人が工場内で正しく仕事をしている職場だと思いました。

などの感想がありました。

マツウラセイキの荒井社長、齋藤工場長、社員の皆様、お忙しい中、職場見学をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

職場見学 (株)ミトクハーネス 新潟工場へ 行ってきました

10月27日(火)村上市山居町にある

(株)ミトクハーネス http://www.mitoku-h.co.jp/ へ行ってきました。

当日は3名の参加者が有りました。

最初に、ミトクハーネスの渡邉様から会社の概要の説明が有り、その後、工場内の見学をしました。

工場内では、 ワイヤーハーネス(自動車用組電線)製造 が新潟工場の主力製品で、重建機メーカーの仕事を引き受けており、安全第一、品質第一は当たり前で、人が乗るものだからこそ、不具合が無いようにしていると話してくださいました。

参加者から、モノづくりの現場は男性が多いと思っていたが、(ミトクハーネス)女性が多いと感じました。と話すと、

渡邉様から、女性の方が男性より精神面での根気強さがある。手先の器用さもある。なので、うちの会社は女性が多いかもと話されていました。

・自分のペースで仕事ができそうで好印象。

・モノ作りが好きなので、見学ができて少し興奮しました。

・製品のことについて話されている時、(渡邉様が)とても楽しく思えました。日常生活において、あまり見えてこない部品にたくさんの人が関わっていることが見えて良かった。

などの感想が有りました。

ミトクハーネスの渡邉様、社員の皆様、お忙しい中、職場見学をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

【10月ジョブトレーニング ㏌ 夢ファームあらかわ】

10月のジョブトレは、夢ファームあらかわ 

http://www.arakawa-yumefarm.co.jp/ に行っています。

10/14の体験では、トラクターに乗って、堆肥とわらを混ぜる耕起作業を行いました。

耕起作業をしないと、来年度美味しいお米が出来ないそうです。

稲刈りが終わってからの重要な作業です。

三田様から説明を受けてから、一人づつ体験しました。

参加した皆さんが、トラクターに乗るのも、運転も初めてでした。

乗る前は、とても緊張していた参加者も、乗った後はホッとしたのか、笑顔になっていました。

来年、また、この田んぼで美味しいお米が作られると思うと、嬉しいですね。

夢ファームあらかわの皆様、貴重な体験の場をありがとうございます。